忍者ブログ
実況プレイ動画の更新情報など。 ※うみねこ真相ネタバレ注意!
  カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
  フリーエリア
  最新CM
[04/06 yorisilo]
[03/17 NONAME]
[03/02 NONAME]
[02/09 NONAME]
[01/12 タネ]
  最新TB
(02/28)
  プロフィール
HN:
にゃん子
性別:
非公開
自己紹介:
何かございましたらnyanyan_gold☆yahoo.co.jpまで
(☆を@にしてくださいませ)
  バーコード
  ブログ内検索
  P R
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
2009/03/29 (Sun)

お待たせいたしました。


今EP4をもう一度プレイしています。
ヒントが多いと聞いて冒頭から探りまくり。

Part17はもう録画しましたので、早めにうpします!


>/ ,' 3  `ヽーっさま、ご報告ありがとうございます!
前々回の記事タイトルPart4になってたのでPart14に訂正いたしました。


つづきからコメレス

 


>生徒会長すし さま

ブログは見なくても問題ないがな、他の者の考えが載っているから、読む価値はあると思うぞ。
既出も的外れもかまわぬ。妾自身気にしていないからな。

個人的に嘉音の本名は引っかかっておる。
もちろん他の人物もだが、赤字の死亡宣言は妾たちの認識と実際は違うような気がするぞ。その説は有効だろうな。


>黒ぶち羊 さま

なるほどな、コメントにもあったような気がするが真里亞という名前の者が他にいるのかもしれぬ。
だから何、だがなw

ううむ、戦人は嘉音の死体を発見していない場合が多いことも考えると、存在が怪しいな。

見えない的に撃つ、か。
ならば360°全方向に向かってありったけの矢でかかるのみ!

長いコメントは大歓迎だ。楽しんで読んでおる。


>はらわた さま

誰 が 不 老 不 死 だ

……ん?妾も不老不死か?


>ミナミ さま

そうか。金蔵が6本指であると信じておったな。
ほら、妾は非常に素直だからなぁ!
疑うことを覚えなくては。登場人物の発言が本当のこととは限らぬ。

そうなのだ。
金蔵が、始めから死んでいただけの元当主という役に留まるとは思えないのだ。
どのような関わり方をしてくるかだな。

無駄な考えなどないぞ、どんどん書くがよい。

 

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです、ベアトリーチェ様。
よもやわたくしの事をお忘れでは御座いませんか?
別に忘れ去られていようと何の問題もありませんが。くふ。

ところでベアトリーチェ様は、園芸倉庫で夏妃が布を掛けたがる事をお気に掛けていましたね。
ですので今回はいつぞやの話の続きをしようかと思いまして。くふふ。

確か話は蔵臼と紗音が相討って死んだ所からでしたね。
紗音の死体(蔵臼でも可)を抱き上げたせいで、両手が血塗れになった楼座(霧江でも可)が、夏妃を呼ぶため部屋に向ったために、ドアノブ周りが血で滑ってあのようになり、結局扉を開く前に留弗夫(絵羽でも可)に止められた。
というのは些細な事なのでどうでも良いとして。
出所不明のインゴット(蔵臼の物だと確定できる人物がいない)がネックとなって、人を呼ぶに呼べない状況となった彼らは一旦、死体を含めて全てを別の場所に移す事にします。
昼間に嘉音が使っていた猫車で運ぶ事を発想した彼らは、その流れで園芸倉庫に白羽を矢を立てます。
ここで彼らは二手に分かれます。倉庫へ運ぶ役割は、留弗夫・楼座・霧江・郷田。ゲストハウスの見張り役は、絵羽・秀吉。
そこに運命の分岐点が存在していた事など、当の本人達が知る良しも無く。

ここで話は一度区切らせて頂きます。
え? 夏妃の布を掛ける下りは何の関係があるのかですって?
直接の関係は何もありません。くふふふふ。
そもそも注目すべきは夏妃ではなく、絵羽の方ですから。
この推理通りならば倉庫にあるはずの物が見つかっていませんよね?
絵羽と秀吉の二人だけはソレがソコにあるはずだと知っていますよね?
この二つに注意して倉庫のシーンを読み返して頂ければ、わたくしの意図がお分かりになられるかと。
ケイト=リン 2009/03/30(Mon)22:51:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *